おれさまは、「しばっきん」7

はぶらしがどこかへいってしまったので

「しばっきん」は、あなからでてきました。

 

「はは~ん。

これは、やはり。」

 

「しばっきん」はうでぐみをしながら

いじのわるそうなかおをしました。

 

おれさまは、「しばっきん」

 

「おもったとおりだ。

このくちのもちぬしは

はをみがくのが

きらいなようだ。」

 

「しばっきん」はじぶんのあしもとをみました。

 

「やはり、おもったとおりだ。

はをみがくのがきらいだから

てきとうにはぶらしをつかっている。

そのしょうこに

おれさまのあしもとには

たくさんのたべかすがのこっているぞ!!」

 

おれさまは、「しばっきん」8へ