おれさまは、「しばっきん」6

しばらくすると「しばっきん」のあたまのうえに

おおきなかげがひろがりました。

 

「なんだ、なんだ?」

「しばっきん」は、あたまのうえをみあげました。

そこには「しばっきん」よりはるかにおおきな

はぶらしがありました。

 

おれさまは、「しばっきん 」

 

「これは、たいへんだ!」

そういって「しばっきん」はあたまをひくくして

ちいさくまるまりました。

 

「しばっきん」のあたまのうえを

はぶらしがよこぎります。

 

ごしごし・・・

はぶらしは、ほんのすうびょうかんだけ

「ごしごし」といって

むこうへいってしまいました。

 

おれさまは、「しばっきん」7へ