おれさまは、「しばっきん」5

しばらくして、「しばっきん」は

よいかおりで

めをさましました。

 

「おぉぉ!」

 

「しばっきん」は、おもわず

よろこびのこえをあげました。

 

いつのまにか、「しばっきん」のまわりに

たくさんの「えさ」がおかれていたのです。

 

「やったぞ、やはりここは

よい「いえ」だ!」

 

そういって「しばっきん」はえさをたべました。

 

「たくさんたべても、なくならないぞ!」

「しばっきん」はむちゅうになって

えさをたべました。

 

おれさまは「しばっきん」

 

 

おれさまは、「しばっきん」 6へ