おれさまは、「しばっきん」10

ひろい「いえ」が「しばっきん」でいっぱいになるころ

ゆうくんは、おかあさんに

「は」がいたいといいました。

 

いままでずっと

「は」が、いたかったのですが

はいしゃにいくのがこわくて

いえなかったのです。

 

ですが、とうとう

がまんができないほどの

いたみにかわりました。

 

ゆうくんは、おかあさんといっしょに

はいしゃさんへいくことになりました。

 

おれさまは「しばっきん」

 

はいしゃさんは、ゆうくんのくちのなかをみていいました。

 

「これは、ずいぶんといたみがでているだろうね。

むしばきんが、「は」のなかでいっぱいになって

ばくはつすんぜんだよ。」

 

おれさまは、「しばっきん」 11へ