おれさまは、「しばっきん」3

「うん、やっぱり。

だれもすんでいないようだ。

それに、おおきくてりっぱだ。」

 

「しばっきん」は、みつけた「いえ」を

とてもきにいりました。

 

おれさまは「しばっきん」

 

「よし、まずは

げんかんをつくらないと!」

 

「しばきん」は、みつけた「いえ」によじのぼると

もっていた「つるはし」で

あなをほりはじめました。

 

「よしよし、

なかなかじょうぶで

よい「いえ」だぞ。」

 

「しばっきん」は、ふぅふぅいいながら

いっしょけんめいに

あなをひろげました。

 

おれさまは、「しばっきん」 4へ