おれさまは、「しばっきん」2

きょうも「しばっきん」は、

はなうたをうたいながら

さんぽをしています。

 

「いえ」をさがしているのですね。

 

おれさまは「しばっきん」

 

「そういえば、きのうみつけた「いえ」は

ちょうどよい「いえ」だったなぁ。

だれもすんでいないようだったし、

いまからもういちど

みにいってみよう。」

 

「しばっきん」は、わくわくしながら

きのうみた「いえ」にむかいました。

 

「うん、うん、だれもすんではいないようだ。」

 

「しばっきん」は、きのうみつけた「いえ」につくと

ぐるりと「いえ」のまわりをみわたしました。

 

おれさまは、「しばっきん」3へ