ぽわんとしむーな 5(最終話)

ぽわん

それから、数日すうじつがたちました。

「ぽわんさーん。」

 

いたことのあるやさしいこえが、かぜってとどきました。

ぽわんは、ハアハアといきらせながら、しむーなのいていた場所ばしょにやってました。

 

「あぁ!

しむーなさん!」

 

そこには見慣みなれたやさしいかおで、しむーながニコニコとわらっていました。

 

「どうして?

しむーなさん?

どうして元気げんきになったの?」

 

ぽわんはうれしくて、ポロポロとなみだをこぼしながらいました。

 

「ぽわん、あなたのかげつよ日差ひざしからまもってくれたの。

そして、あなたのなみだわたしっこにとどいたの。

私達わたしたち、タンポポはっこが丈夫じょうぶだしね。

ちいさくても、つよいんだから。」

 

しむーなはニコっとわらいました。

 

かった。本当ほんとうかったよ。」

 

ぽわんはまたポロポロとなみだながしました。

 

「あーっ!

ぽわんさん、ダメダメ!

いちゃダメ!

しばらく、っこになみだはいらないわよ。」

 

しむーなは、すこ意地悪いじわるそうなかおいました。

 

そして、ぽわんとうと一緒いっしょ二人ふたりでクスクスとわらいあいました。

 

ぽわんとしむーな おわり