ぽわんとしむーな 3

ぽわん

 

「ごめんなさい、ごめんなさい…」

 

ぽわんはポロポロとなみだをこぼして、しむーなにあやまりました。

 

「あなたのせいじゃないわ。」

 

しむーなは、精一杯せいいっぱい笑顔えがおこたえましたが、もなく

 

「ぽわん、あなたとお友達ともだちになれて本当ほんとうかった。

毎日まいにちはなしかせてくれて、ありがとう…」

 

ちいさなかほそこえでこううとひとみとじてしまいました。

 

「し、しむーなさん?

しむーなさん?」

 

ぽわんはおおきなこえびかけましたが、しむーなはやさしい笑顔えがおのままで、返事へんじをしませんでした。

 

ぽわんは、それから毎日まいにち、しむーなのいていた場所ばしょっては、ポロポロとなみだながし、あやまりました。

 

そんな様子ようすていたべつちいさなはなが、ぽわんにこえをかけました。

 

ぽわんとしむーな 4 へ