ぽわんとしむーな 2

ぽわん

 

ぽわんは、それから毎日まいにち、しむーなのところきました。

 

学校がっこうでいじめられたこときながらはなしたり、先生せんせいめられたことわらいながらはなしたりしました。

 

しむーなは、いつでもやさしいかおで、ぽわんのはなしいていました。

 

そんなあるです。

 

学校がっこうのいじめっ子達こたちが、ぽわんとしむーなのところへやってました。

 

なんだ、ぽわん!はなはなしてるのか?」

泣き虫なきむしぽわんは、はな友達ともだちか?」

 

いじめっ子達こたちは、いつものようにからかいます。

 

「やめてください。

ぽわんさんをいじめないで。」

 

しむーながいました。

 

なんだ?はなのくせに!」

えらそうなやつだな」

「おまえなんか、こうしてやる!」

 

「ああーっ!!」

 

ぽわんがめるもなく、しむーなは、いじめっ子達こたちっこかれて、ポイッとてられてしまいました。

 

ぽわんはまた、わんわんとしました。

 

いじめっ子達こたちは、ぽわんがしたので、クスクスとわらいながらかえってきました。

ぽわんは、しむーなをそっとひろあげげて、もといていた場所ばしょもどしてあげました。

 

けれども、くき根元ねもとれてしまっていたので、しむーなは、だんだんとよわっていきました。

 

ぽわんとしむーな 3 へ