ぽわんとうるえ 泣いてもいいよ 3

ぽわんとうるえ

 

「ねぇ、ぽわん。

きみは、どうしていつもそらてばかりいるの?」

 

ぽわんは、ドキリとしました。

 

「ねぇ、どうして?」

 

うるえがまたいてきます。

 

ぽわんがこたえます。

 

「…せ、先生せんせいが…

学校がっこう先生せんせいが、男の子おとこのこはすぐいちゃダメだって…

だ、だからうえを…

そら見上みあげていたら、なんだかこころかるくなって…

つよくなって、かないでいようっておもうから…。」

 

ぽわんはドキドキしながら、一生懸命いっしょうけんめいはなしました。

 

「ねぇ、ぽわん…

ぼく先生せんせいはね…」

「うん…?」

 

つらときは、いてもいよっておしええてくれたよ…」

 

ぽわんとうるえ 泣いてもいいよ 4へ