ぽわんとうるえ 泣いてもいいよ 1

ぽわんとうるえ

今日きょう、ぽわんは、かわりにことにしました。

 

ぽわんは、さわさわとながれるみずおといていると、かなしいことや、いやことも、こころからながしていくようだと、そうおもいながら、かわながめていました。

 

と、そのときです。

 

バシャン!

 

一緒いっしょみずあそびしないかい?」

 

かわなかからことが、ぽわんに笑顔えがおはなしかけます。

 

「う…ん」

「よぅし…」

 

けらけらとわらって、ぽわんのうで引っ張ひっぱります。

 

「わぁっ!」

 

バシャン!

また、またけらけらとわらいます。

 

ぼく、うるえ、きみは?」

「ぽわん…」

ほそこえでぽわんがこたえます。

 

「ぽわんか、名前なまえだなぁ。

ねぇぽわん、あそこのいわまでどちらがはやおよげるのか、競争きょうそうしようよ!

それっ!」

 

ぽわんはなんだか、むねがドキドキしてしまいました。

 

名前なまえだなぁー

 

ぽわんはいつも、まわりのどもたち

泣き虫なきむしぽわん」

弱虫よわむしぽわん」

われています。

 

名前なまえだけでばれたことければ、名前なまえめられたこともありません。

 

ぽわんとうるえ 泣いてもいいよ 2へ