花とミツバチとぽわん 9

花とミツバチとぽわん

 

やがて、さむさむふゆがやってました。

 

チラチラとゆきそらからりてきました。

 

「ミツバチさん、ミツバチさん。

あたたかいみなみくか、自分じぶんかえらないと、あなたがんでしまいますよ!」

 

ゆきがそう注意ちゅういしてもミツバチは、ってしまった一輪いちりんはなのそばからはなれませんでした。

 

花とミツバチとぽわん 10へ