花とミツバチとぽわん 7

花とミツバチとぽわん

 

しばらくのあいだ一輪いちりんはなは、

とてもうれしそうに、とてもしあわせそうに、

はなかせていました。

 

けれど、れた花畑はなばたけかららない土地とちへやってきた一輪いちりんはなは、

だんだんと元気げんきがなくなってきました。

 

花とミツバチとぽわん 8へ