花とミツバチとぽわん 6

花とミツバチとぽわん

 

かなしみにくれる一輪いちりんはなところへ、ぽわんがやってました。

 

一輪いちりんはなが、

「あぁ、そこのやさしいおかた

どうかうかわたしを、ミツバチのちかくへうつしてくださいませんか?」

いました。

 

一輪いちりんはななみだながらにおねがいをするので、ぽわんは、のぞみをかなえてあげることにしました。

 

花とミツバチとぽわん 7へ