花とミツバチとぽわん 4

花とミツバチとぽわん

 

一輪いちりんはなは、いつまでもミツバチと一緒いっしょたいとねがいました。

 

けれど、ミツバチははちで、一輪いちりんはなは、はな

 

いつまでも一緒いっしょことは、出来できません。

 

一輪いちりんはなは、ミツバチにこううたいました。

 

貴方あなたためだけに、はなになりたい。

貴方あなただけをつめて、いてたい。

貴方あなたというかぜかんじて、れていたい。

貴方あなたというあいをもらって、むすびたい・・・。」

 

花とミツバチとぽわん 5へ