お父さんは、がすがすまん 9

お父さんはがすがすまん

おおきくなったぼくのには、

ぼくといっしょにおおきくなった

コーラがありました。

 

けれども、それは、

はんぶんくらいになっていました。

 

「はんぶんになっちゃった。

ぼくもおおきくなっちゃった。」

 

ぼくは、はんぶんになったコーラを

とうさんにわたしながらいいました。

 

「はんぶんでも

きっとだいじょうぶだよ。」

 

そういって

とうさんはいっきにコーラをのみました。

 

「よし、これでまたでるぞ!」

 

そしておしりを

かいじゅうにむけました。

するとそのときです。

 

さっきまでフラフラとしていた

かいじゅうが

とうさんのせなかにとびつきました。

 

「わぁー、はなせ、はなせ!」

 

とうさんがおおきくからだを

みぎに、ひだりにとゆらしますが、

かいじゅうは、まったくはなれません。

 

とうさんがピンチだ!

どうしよう!?

 

ぼくがいっしょうけんめい

かんがえていると

「おなかをおせ!

おなかをおして、

おならをだすんだ!」

とおとうさんがいいました。

 

お父さんは、がすがすまん 10へ