お父さんは、がすがすまん 8

お父さんはがすがすまん

 

ぼくは、ほんとうは

とてもこわかったのだけど、

とうさんが

いなくなるほうが

こわかったので、

がんばってコーラを

とうさんにとどけようとおもいました。

 

いつもより、

なんばいもスピードをだして

ぼくは、はしりました。

 

きがつくと、大きなおとうさんの

あしがみえました。

 

「おとーーーさーーーーん」

 

ぼくは、ものすごくがんばって、

いちばんおおきなこえをだしました。

 

とうさんはすぐにきがついて、

ぼくにいいました。

 

「てがおおきすぎて、

ふたをあけられないから、

あけてほしい!!」

 

「わかったよ!」

 

ぼくはおおいそぎで

コーラーのふたをあけました。

 

「ぷしゅーーーーー」

 

「あ!しまった!」

 

ぼくがおおいそぎで

はしってきたので、

コーラーがあわだらけになっていました。

 

コーラのあわが

どんどんあふれだしました。

 

ぼくはコーラまみれになりました。

 

するとつぎのしゅんかんです。

 

ぼくも、おとうさんみたいに大きくなりました。

 

お父さんは、がすがすまん 9へ