お父さんは、がすがすまん 7

お父さんはがすがすまん

ぶーっとでたおならは、

キラキラとかがやいて

かいじゅうをつつみました。

 

そして、かいじゅうのすがたが、

だんだんと

はんとうめいになりました。

 

「これでもう、だいじょうぶだ」

 

と、おとうさんがいったときです。

 

「びゅーーーーーーーーーーーーぅぅぅ」

 

ものすごいかぜがふきました。

 

「ああ!!」

 

とうさんがあわてました。

 

とつぜんのつよいかぜのせいで、

キラキラがとばされました。

 

はんとうめいになって、

きをうしなっていたかいじゅうは、

ゆっくりとをあけました。

 

「これはいけないわ!」

 

いつのまにか、

ぼくのうしろでおかあさんも

まどからそとのようすをみていました。

 

「かいじゅう、どうなるの?

とうさんはだいじょうぶなの?」

 

ぼくはおかあさんにききました。

 

「キラキラがうすくなっているわ。

 

このままじゃぁ、

とうさんがあぶない。

いそいで

あたらしいコーラーをとどけて、

もういちどおならをださないと!」

 

かあさんは、そういって

れいぞうこから

あたらしいコーラをもってきました。

 

それから

ぼくにこういいました。

 

「はやく

このコーラをおとうさんにとどけて!」

 

お父さんは、がすがすまん 8へ