お父さんは、がすがすまん 6

ぼくは、こわいのをがまんして、

まどのそとをみました。

 

すると、かいじゅうが、

おおきなをぎょろぎょろとさせながら、

どすん、どすんと

あるいていました。

 

すると、そのときです。

 

「おとうさん!!??」

 

かいじゅうくらいに

おおきくなったおとうさんが、

かいじゅうののまえに

とびだしました。

 

お父さんはがすがすまん

 

そして、

かいじゅうのうでをつかむと、

「どーーーん!」

と、いきおいよくなげました。

 

かいじゅうは、

ぐったりして

たおれました。

 

そのとき、おとうさんがすばやくうごいて、

かいじゅうのうえにまたがりました。

 

かいじゅうは、うでをバタバタとうごかしながら

たちあががろうとします。

 

つづけて、

とうさんはおおきなおなかで、

かいじゅうのかおを

おさえつけました。

 

かいじゅうは、

しばらく、バタバタとしていましたが

やがておとなしくなりました。

 

とうさんは、ゆっくりとたちあがると、

かいじゅうにむけて

「ぶーーーーー」

おおきなおならをしました。

 

お父さんは、がすがすまん 7へ